あごニキビのしこりが治らないときはこのジェルで改善!

 

 

あごニキビができやすく治りにくいのが特徴です。乾燥や生理のホルモンバランスの乱れの影響であごニキビができます。治りにくいニキビは赤い炎症を起こし、色素沈着、凸凹、しこりなどができることもあります。

 

あごニキビを治すには保湿が大切です。保湿をしてニキビをできにくくするだけでなく、できてしまった凸凹やしこりを目立たなくするのがメルラインです。

 

乾燥した肌はターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積します。角質で毛穴がふさがれて皮脂分泌ができなくなるので、たまった皮脂でニキビができます。皮脂をもとにアクネ菌が繁殖すると赤い炎症ができます。インナードライの状態は水分不足を防ぐために皮脂分泌を多くします。あごは毛穴が小さいので皮脂つまりを起こしやすいです。

 

保湿をするのは10種類の厳選した成分です。10種類も保湿成分を使用している化粧品は、他にはほとんどありません。贅沢に配合した保湿成分が、肌の内側から潤いで満たします。

 

白い肌へと導くのが、VCエチル、水溶性プラセンタ、加水分解コメヌカエキス、ピサボロールです。炎症を起こした部位は、炎症の刺激でメラニンの生成が促されています。メルラインに配合されたこれらの成分が、メラニンの生成を抑制して美白をサポートします。

 

凸凹ができるのは、炎症でコラーゲンがダメージを受けて弾力が低下するからです。水溶性コラーゲンが肌にハリと弾力を与えてます。水溶性コラーゲンには肌を引き締めてすっきりしたフェイスラインにする働きもあります。スターフルーツ、ヒメフウロエキスはコラーゲンの破壊を防いで、これ以上凸凹ができないように守ります。

 

化粧品は使用感も大切です。毎日使うものなので、気持ちよく使いたいですよね。メルラインはティートゥリーの香りです。リラックス作用があり、スキンケアの時間がリラックスタイムになります。ストレスもニキビの原因なので、リラックスは大切です。

 

保湿をして肌を柔らかくしてニキビをできにくくし、水溶性コラーゲンでハリと弾力を与えることで、凸凹やしこりの悩みが解消できます。

 

 

 

詳細はここから

 

顎(あご)ニキビケアにメルライン!顔、おでこ、頬、口元などニキビケアにも最適

 

 

顎ニキビの原因はこちら